有明商事グループ

有明ファームトップページ > 会社案内・事業内容

有明ファーム会社案内

有明ファームは有明商事農産部として,平成22年に立ち上げた有明商事株式会社の新規事業部です。

認定農業者(熊本県玉名市,長洲町)となり,玉名市にきのこ園(椎茸),野菜園(主に米の栽培),長洲町にトマト園(桃太郎)を設立しアグリビジネスに企業として挑戦しています。

また地元老舗食品企業である今村食品工業株式会社と株式会社四ツ山食品をグループ化し農業の六次産業化にもグループ一貫して取り組んでいます。

グループ企業沿革

当社の前身である「有明組」(創業当時の屋号は「有明運輸店」)は創業明治32年に大牟田港・三池港での内航海運取次業および陸上運送業として創業いたしました。その後,明治44年からは大牟田駅前に本店を移し,大正2年には石油製品(油蝋)の取扱業を,大正5年からは電気化学工業株式会社大牟田工場内の荷役運搬業(内航海運・陸上輸送・通運事業)を,大正9年には製飴業を開始しました。昭和初期(戦前)には海外にも拠点を有し事業展開しておりました。

戦後は海外拠点を失うなど一時事業衰退しましたが,昭和38年に有明生コンクリート株式会社を設立し,現在ではグループ全体で大牟田から熊本まで5工場,八代にコンクリート二次製品工場,和水町に砕石山を有し,中九州地区において最大規模の生コン関連事業を展開しております。

昭和59年には,ポピー製紙株式会社を設立し家庭紙の製造・販売を開始し,平成19年に福陽製紙を買収したことで日産60万個のトイレットペーパー製造が可能となり,九州第三位の生産量を誇っています。

昭和63年には,九州セラミックス工業株式会社を設立し,セラミックス工業製品及び強化磁器食器の製造を行っており,その製品は国内外に販売されています。

平成22年より,食糧安保及び遊休地活用と雇用確保の観点から認定農業者を取得し,企業の農業(アグリビジネス)参入を行い,有明ファームきのこ園(玉名市)にて椎茸を,トマト園(長洲町)で桃太郎トマトを栽培しています。また,地元食品業者に出資・支援を行うことで栽培・加工・販売をグループ企業で、一元化(農業の6次化)することが可能となり、トレサビリティのとれる食の安心・安全を提供しています。

その他,関連会社にて不動産賃貸業,太陽光発電事業や社会福祉事業(老人ホーム,介護事業,就労継続支援事業)も展開しております。

関連事業

会社概要

本社 〒836-0843 福岡県大牟田市不知火町2丁目5-1 シーザリオン2階
電話:0944-51-2020  IP電話:050-3734-7520  FAX:0944-51-2023
設立 昭和6年1月(現社名での登録年月,創業は明治32年)
資本金 6千万円(グループ総資本金5.1億円)
従業員 80名(グループ総従業員数600名)
代表取締役 代表取締役社長 田畑 博幸
関連会社

 

本社ビル